無添加シャンプー 香り

無添加シャンプーに香りがある商品にはどんなメリットがある?

最近無添加シャンプーを打ち出す商品が増えてますが
洗浄成分の質が悪かったりパラベンなどをこっそり
入れてるものが多いので注意が必要です。

 

最低限アミノ酸洗浄成分が主体でストレスを発散する
香り成分によりアロマ効果も期待できるものが望ましいですね

 

時代は少しずつ移り変わっていくもので
戦後から世の中は劇的に変わったといえます。

 

我慢しないといけない状況から
自分を存分に開放できる時代になりましたね。

 

女性は美容にもお金を使う余裕が生まれてきて
最近となると健康も重視するようになってきてます。

 

不健康だと何にもならないので
その思考の高まりはとてもいいことだと思います。

 

でもそれを悪用する風潮もあるので
十分注意する必要があります。

 

便利になるにつれ生活習慣病を患う人が
増えているのはその証拠ともいえます。

 

食べ物ばかりじゃなくヘアケア商品にも
その影響をもろ受けてる感じになってます。

 

健康志向の高まりから無添加を打ち出す
シャンプーとかがよく店頭に並んでます。

 

その無添加って表現はとても曖昧なもので
特定の成分を含んでないだけで
そう表記する会社もあるんです。

 

例えば旧指定成分といわれるアレルギーや
発ガン性が疑われる成分を配合してないけど
パラベンなどの危険な防腐剤を入れてたりです。
(その逆もありえます)

 

また、天然成分をちょっと配合してるだけで
オーガニックと売り出すものもあります。

 

その辺の表記に関することは
法律で明確に決まってないので
ある意味無法状態になってるんです。

 

てことで無添加だから良いと思わず
その製品についてしっかり調べた上で
買ったほうがいいですね。

 

最低限、ココイル系などの
アミノ酸系洗浄成分が入ってるものを選ぶべきです。

 

ラウレスやスルホン酸などの石油系界面活性剤では
洗浄力が強すぎて皮脂の過剰分泌を促し
けっきょく毛穴を汚れで詰まらせることになります。

 

市販品のほぼ全部はそういう性質があるので
大容量なのに1000円もせずに買えるものは
基本的に危ないものだと思ってください。

 

アミノ酸系の成分なら洗浄力が程よいので
毛穴の皮脂汚れを抑制することができます。

 

また、シャンプーは無添加に加えて
(安全な)香り成分も配合されてたほうがよりよいです。

 

そのほうがストレス発散になるからですね^^

 

鼻と脳は近い位置にあることで刺激が伝わりやすいので
匂いってのは人に大きな影響を与えます。

 

いわゆるアロマ効果を狙うってことですね。

 

ストレスは血管を収縮させたり
皮脂の分泌量にも関係してると言われてるので
いい香りは地味に重要だと思います